学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

検索フォーム
注目のエントリー
学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

学生時代から社会人になって3年程経つまで、私は麻雀をしていました

■ 女性 37歳
学生時代から社会人になって3年程経つまで、私は麻雀をしていました。
ただ楽しみ方とか費やす時間、楽しむ時間帯などが学生と社会人では違う気がします。
まず学生の時は沢山時間があるし、何より夜更かしをしても体力があり余っていたので、それほど辛くありませんでした。
だから徹夜で麻雀をする事も多々あったのを覚えています。大体自宅に戻るのは翌朝7時過ぎという事もざらでしたが、その日は、その後寝て起きるのは夜、そんな生活をしていたのを覚えています。

しかし、社会人になると時間があまりなくなったし、なにより体力の衰えを感じ始め、結局昼間に麻雀をする様になりました。
私の場合は日曜日の昼が多く、会社の同僚とか先輩と雀荘に行って楽しんでいたのを覚えています。社会人と学生の時では、私の場合は、遊ぶ時間帯が違う様になりました。
個人的には社会人の時の方が健康的な感じで遊んでいたと思います。
もう一つは一緒に楽しむ相手が変わりました。
学生時代は100%友達だったのですが、社会人になってからは会社の人と行う事が増えてきました。
だから100%遊びと言うよりは、半分は付き合い、人間関係を構築する為に麻雀をしている気がします。こういった点も、学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違いと言えるのではないでしょうか。

学生時代に麻雀を覚えましたが

■ 男性 46歳
学生時代に麻雀を覚えましたが、とても奥が深く、覚えるのが大変でした。
それでも仲間内でワイワイ楽しく出来ましたし、負けが込むと仲間が色々教えてくれたりと、麻雀を遊びとして捉えていました。
一方、社会人になり会社の仲間内で打つようになると、それは真剣勝負と感じるようになり、学生の時と感覚が随分違うなと思います。学生の時は歌を歌いながら麻雀を打っていましたし、奇声を上げながらバカ騒ぎしていましたが、社会人は違いますね。
例えば、テレビを見ながら麻雀を打っていて、自分の順番が回って来たにもかかわらず、ボーッとテレビを見ていると叱られます。「手を止めるな!」と何度も叱られました。
学生は麻雀という遊びを通して友好関係を深めるのに対して、社会人麻雀は、麻雀そのものを真剣に打つ。そして、勝利してストレスを発散させるのでしょうか。競争の只中に身を置いている以上、麻雀でも負けられないという本能なのでしょうか。

しかし、会社仲間だけに留まらず、趣味として和気あいあいと麻雀を打っている方も大勢いらっしゃいます。どうやら私の場合は、そんな麻雀の打ち方が向いているようです。

SiteRecommend

Copyright (C)2017学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い.All rights reserved.