学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

検索フォーム
注目のエントリー
学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

高校生のころに麻雀を覚えて

■ 男性 35歳
高校生のころに麻雀を覚えて、社会人となった今でも継続してプレイしています。高校生の頃は、とにかくゲームとして麻雀を楽しんでいました。
賭け事という意識は全くなく、メンバーと競い合う楽しさに魅了されていました。

これが大学生になると、一気に賭け事としての位置づけに変わってしまいました。
同級生で賭け麻雀を好んでする者がいて、頻繁に誘われました。
私は、高校生の頃の腕前を活かしてかなり勝ちましたが、別に儲けることが目的ではなかったので、儲かったことに対してはそれほどうれしいとは感じませんでした。
お金に執着していなかったから、冷静な判断ができて勝ちにつながっていたのかもしれません。
社会人になると、お金に対する執着心が強くなってしまったからか、勝って儲けることが目的になってしまいました。
高校生の頃のような、純粋にゲームを楽しんで麻雀をしたいのですが、今やそれも難しい状況になってしまいました。
何となく寂しい気がします。

SiteRecommend

Copyright (C)2017学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い.All rights reserved.