学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

検索フォーム
注目のエントリー
学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

学生の頃と社会人になってからの麻雀の違いは

■ 女性 51歳
学生の頃と社会人になってからの麻雀の違いは、ズバリ真剣さの違いでしょう。
学生の頃、ゲームで麻雀をよくやっていましたし、友人が集まった時など麻雀をやっていました。
みんなそんなにお金がなかったので、よくお菓子をかけたり大学の食券をかけたりしていました。
勝ってもお菓子か大学の食券なのでそれほど真剣さはなく、点数計算などもいい加減なものでした。

点数計算の仕方をしっかり覚えたのは社会人になってからのことです。
その点、社会人の麻雀は真剣です。
賭けているものがお菓子や食券ではないのですから、自分の財布事情がこの勝負で決まるかもしれないのですから、ボーっと楽しんでいるわけにはいきません。そのヒリヒリするような緊張感がハマるきっかけになるのかもしれません。
自宅でもない友人の家でもない、雀荘には独特の雰囲気があり、これぞ大人のゲームという雰囲気があります。その中にいると、学校で勉強するよりも、ずっと世の中のことを知ることができます。

Copyright (C)2017学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い.All rights reserved.