学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

検索フォーム
注目のエントリー
学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

私に言わせれば

■ 女性 57歳
私に言わせれば、学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違いは、気を遣わないか気を遣うかの違いです。
大学生時代には、友人に誘われて麻雀を打つことがありましたが、まったく気を遣うこともなく、勝ちたいだけ勝ち負ける時はコテンパンに負けていました。
それが、社会人になってから、上司などから麻雀の誘いを受けると気を遣います。
飲みニケーションという言葉がありますが、仕事後の触れ合いも仕事を円滑にするためには必要です。
ですが、酒を飲むのと違い、利害が関わってくる麻雀は気持ちよく打つことができません。あまりに勝ちすぎてしまうと上司が不機嫌になってしまうのではないかと気を遣いますし、かといって手を抜いたりしたら、機嫌を損ねるのではないかと思い気を遣います。
勝ちすぎてもダメ、あからさまに負けてもダメ、麻雀を打った翌日の仕事のことを考えると、どうすればよいのかと頭を抱えたこともあります。同期で打つのならそんなに悩みはしないのでしょうが、先輩や上司と麻雀を打つ時は、いまだにどうすればよいのか迷います。

SiteRecommend

Copyright (C)2017学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い.All rights reserved.