学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

検索フォーム
注目のエントリー
学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

学生時代は将棋部でしたが

■ 男性 50歳
学生時代は将棋部でしたが、麻雀部と言ってもいいほどで、部室には将棋の盤駒よりも麻雀牌とマットを持ち込んで4人集まるといつも打っていました。
賭けるのはせいぜいお菓子やジュース程度でしたが、時間が来たら仲間の部屋に集まって麻雀の続きをしたのです。
時間があり余っている学生時代だからこその麻雀だったと思います。
社会人になってからの麻雀は、メンバー集めから苦労しました。
やはり仕事が忙しいために4人を集めるのが難しいのです。
そこで3人でマージャンをするいわゆる3マーがほとんどになりました。
どうしても4人でやりたいときは雀荘に行き、いわゆるフリー打ちをします。こうなると学生時代の麻雀のように和気あいあいと軽口を叩きながらする麻雀と違います。
実際無言でマージャンを打ち、上がるときに点数を言うだけしか口を開かない、言わば真剣勝負という感じの麻雀です。
打ち筋もかなり変わりました。
攻めばかりだった学生時代と違い、しっかりと守りを固めてから勝負するのが社会人の麻雀だと思います。

Copyright (C)2017学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い.All rights reserved.