学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

検索フォーム
注目のエントリー
学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い

学生時代にはいいことも覚えれば悪いことも覚えます

■ 男性 44歳
学生時代にはいいことも覚えれば悪いことも覚えます。悪いことと言っても法律上問題になることではありません。子どもから大人になろうとするときに覚えることになるのでしょう。大学に入って覚えることとして麻雀があります。地方から出てきている友達の家で行うことが多かったです。
行うのはだいたい夜です。
一晩中やっていても眠くならないのが不思議でした。
それだけ真剣にやっていたからかもしれません。社会人になってからは夜通しできなくなりました。

学生時代はあまりルールを知らないこともあって、あまり厳しい取り決めをしていませんでした。
ですから、勝ち負けの判定もそれほど追求していなかったのです。
社会人になって会社の先輩とした時に、かなり厳格にされて戸惑ったことがあります。実際はそちらの方が正しいルールなのですが、学生と社会人との違いを感じた時でもあります。普段は仕事で面倒を見てくれるいい先輩ですが、かなり怖い顔をしていたのを覚えています。
学生時代は友達の家でやるのがほとんどでしたが、社会人になってからは雀荘でやるのが普通になっていました。
自動的にできる機械があるのを見て、最初は驚いたことがあります。人数が足りない時は雀荘の人が入ったりして、4人で楽しめるようになっています。普段やらない人と自然にすることを社会人になって覚えました。

SiteRecommend

Copyright (C)2017学生時代の麻雀と社会人の麻雀の違い.All rights reserved.